最新の食品業界ニュースから気になった話題を定期的にピックアップし、食品衛生管理のプロの目線からコメントさせていただきます。
今回はこのカルビーのじゃがりこの異物混入&回収騒動について、折角なので回収されたじゃがりこ、そしてついでにじゃがりこ全種買い込んで、食べ比べしながら、今回、そして次回と、二部構成でお話させていただきます。
(今回はその前編となります)

本日の時事食品ニュース

 

改めまして、皆様こんにちは。
高薙食品衛生コンサルティング事務所です。
ここだけしか聞くことの出来ない神髄中の神髄、
「プロが本気で教える衛生管理」を、毎日皆様にお教えしています。

カルビーのじゃがりこに異物混入

(こちらは二部構成の「前編」になりますので、もし「後編」から来られた方は、まずはこちらを最初に読んでください。)

数日ほど前、カルビーのじゃがりこに樹脂片の混入が発生し、自主回収する、というニュースがあがっています。

 

カルビーは2日、スナック菓子「じゃがりこサラダbits 38g」と「じゃがりこサラダbits4 56g」の計14万4千個を自主回収すると発表した。
工場の樹脂製コンベヤーベルトの一部が商品に混入した可能性があるため。
商品は岐阜県にあるカルビーの各務原工場で製造。

(東京新聞)

 

ではこれについて、プロの衛生管理屋として少しばかり考えてみたいと思います。

折角だから売場のじゃがりこ全種買ってきたった

あのカルビーの「じゃがりこ」に異物混入で大量回収。
ええ!?マジかよ!?

そんなわけで、今回じゃがりこの異物混入についてお話するにあたり、折角なのでスーパーに行って、実際に「じゃがりこ」を探し、買いにいってみました。
いや、なんだよ「折角」って。
いやほら、こういうときじゃないと、じゃがりこ全種食おうぜー、みたいにならないじゃないですか。
いやなるか普通!?

 

さあ、そんなセルフツッコミ&セルフ言い訳&かぶせツッコミをしながら、行ってきたのはうちの近くの、ヤオコーさんです。
ここにはじゃがりこが結構な種類、置いてありました。

おっと、
「全種買ったった」てのは御免なさい、余りにも煽りどころかおごりが過ぎました。
ちょっと調べただけでも、じゃがりこの種類がとんでもないことはわかります。
こんなのはまさに一角、無限のじゃがりこワールドの中では入り口に過ぎません。
じゃがりこメイニアの方々、申し訳ありません。
スーパーにあった全種、ということでどうかここはご了承ください(汗)。

で。
結局、今回購入したのは定番の「サラダ」に加えて「じゃがバター」、そして「たらこバター」、「チーズ」。
それとぼく、この存在を知らなかったのですが、これらに加えて「大人のじゃがりこ」という「わさび醤油味」を発見しました。
へえ、いいじゃないか。

 

でも今回問題となったのは、袋入りの「じゃがりこbits」というもの。
でも、それはこのスーパーには、見当たらない。
うーん、仕方ない。カシを変えてみるか。

2店目は、ちょっと離れたところにある、「マルエツ」。
ここには…

 

おっ、あるやんけ、bits!
ではこれもお買い上げ。

早速ながら自宅に戻って、これらを開封するとしましょう。
どーん。

 

いきなりじゃがりこ一杯買ってきたぼくに、意味もわからない家族による「また始まったわこの食品衛生変態」感あふれる、2000年代ブラックメタル並みに寒々しき無機質的まなざし。
い、い、うん、い、いいの、いいの!
パパ、もうとっくにそれ、慣れっこだよ。
何ならこれら、一緒にみんなでつまもうじゃないか。
ついでにぼかあ缶ビールもプシュって、キリン片手に今回はお話をしていくことにしましょうか。
んじゃあ、乾杯―。

異物混入が発生したじゃがりこは?

ぷはー、うまい。
やっぱり秋のビールって最高だよね。
この濃厚さと、熱すぎない感がたまんない。
秋ビール最高。
しかも何気にじゃがりこ、どれ食べても美味しい。
ガンガン、つまみになる。
いやあ、ええねえ。

って、え?関係ない?
それは失礼しました。
それでは早々に講釈、はじめましょ。

さて、今回異物混入が起こったのは、実はカップ入りの普通のじゃがりこではないのです。
この、小さめな袋入りの「じゃがりこbits」というやつなのです。

 

普通のカップ入りじゃがりこの重量が52gなのに対し、こちらは14gしかない。
そんなミニサイズのじゃがりこです。

へえ、こんなものがあるんだ、知らなかった。
ちょっとだけ食べる、そんなときにはいいのかもしれないよね。

ちなみにこのじゃがりこの裏の表示を見ると、「製造所固有記号」として「I」とあります。
ついでに、製造日は2020年9月11日です。

 

で、ニュースを見ると、こんなことが言われている。

自主回収するのは、賞味期限がことし12月24日と25日で製造所の固有記号が「G」のじゃがりこサラダbitsと、賞味期限が12月26日から来年1月3日までで製造所の固有記号が「G」のじゃがりこサラダbits4、賞味期限が12月25日から来年1月1日までで製造所の固有記号が「E」のじゃがりこサラダbits4の合わせて14万4000個です。

 

つまり、これとは作られた工場が違う製品だ、ということになります。

この「じゃがりこbits」は、製造されている工場によってそのアルファベットが異なっている。
今回問題になったのは、「G」である岐阜県の工場。
これは「I」だから茨城の工場なので、問題はない、というわけです。

ちなみにこれを製造したカルビーの茨城工場、ぼくも10年以上昔に行ったことがあって懐かしいのですが、実は茨城のへそ、下妻市にあります。
クソめっちゃくちゃのどか。
いや、のどかというか、何もないようなところに静かに、しかし大きくたたずんでいる大きな工場。
それがカルビーさんの茨城工場でした。

ピロー包装とは

ところで、こういう袋に入っている包装手法のことを「ピロー包装」といいます。
スナック菓子には結構多い、安価での大量生産に向いている食品包装です。
ピロー包装されていくためには、通常コンベアの上に製品がのせられ、搬送されていく必要がある。
今回はその工程のどこかで混入が起こった、ということになります。

なので、ここでちょっと簡単にピロー包装というのを説明しておきましょう。
知っている、という方は、ここから先は読み飛ばしても結構です。

さて。
食品の包装には様々な方法があるんですが、その中でも代表的なもの、一番メジャーな包装手法として、「ピロー包装」というものがあります。

「ピロー包装」は、側面の合わせ(サイドシール)がなく枕(Pillow)のような形態であることがその語源です。
フィルムを合わせて筒状にし(センターシール)、食品を充填包装したら上下両端を熱溶着(エンドシール)し、裁断して作ります。
センターシールの背貼りが手を合わせている状態に見立て、「合掌袋」とも時に言われます。

ぼくのうちにあった、冷凍食品。
これもピロー包装です。
裏側を見ると、上下、背の真ん中で3箇所熱溶着(ヒートシール)されているのがわかります。

赤い箇所ですね。

このように、「真ん中」(センターシール)、そして「頭」「お尻」(エンドシール)(これは「左右」両端ですが)を、機械によって熱溶着(ヒートシール)する包装のことを、「ピロー包装」といいます。
呼び名はさておき、こういう包装ってよく見るでしょ?

ピロー包装は、包材をくるっと丸めて合わせ目をヒートシール(熱溶着)させて筒を作り(これが真ん中のセンターシールになります)、そこに製品をくぐらせて入れ、入ったらバツンと上下をヒートシールして封じ込め(エンドシール)、裁断することで包装します。


(株)サンコー商事

シンプルに説明すると、まあこんな感じです。
そしてそれを行う機械が、下の写真のものです。


ピロー包装機:フジキカイ(株)

コンベアでの樹脂混入とは

先の通り、報道によれば、混入異物は樹脂であり、ベルトコンベアがその要因であったという話。

先月下旬に購入した客から「白い糸のようなものが入っている」と2件続けて指摘があり、調査したところ、コンベアベルトの一部が商品に混入していることが分かりました。
(livedoor NEWS)

 

混入異物は、コンベアベルトの一部!?
そして、樹脂!?
これは一体、どういうことなのか。
そこで少しばかり、ベルトコンベアと異物混入についての解説を勧めながら、今回の混入事故の原因について探っていくとしましょう。

さて、色々とあるベルトコンベアですが、その多くは「ゴム製」か、あるいは「樹脂製」です。
そのうち前者のゴム製のものは屋外などでの使用も見られる、黒ゴムベルトのようなもので、搬送物が重くて多い場合に使います。
こういうのは食品工場では、ほぼ使われない。
むしろ、一般的に食品工場内で多用されているのが、「樹脂ベルト」です。

樹脂ベルトは、ゴムベルトに比べて搬送物が軽い場合に便利です。
とくに食品工場内では、そのうえ洗浄しやすくて扱いやすく、また次亜塩素酸ナトリウムにも強くてうってつけなのです。
ですから、今回の混入事故においても問題となったのは、そうした樹脂ベルトである、と考えていいでしょう。


GPS

どうしてコンベアベルトの混入が起きたのか

ではどうしてコンベアベルトの一部である樹脂が混入したのか。
それを探るには、コンベアベルトの構造を知る必要があります。

樹脂ベルトの構造は、上部に0.数㎜ほどのポリウレタンなどの薄い樹脂を用い、その下の層に繊維でできた帆布を接着剤でプレス貼りして一枚にします。


東和工業

で、これを毎日毎日、ひたすら一日中、ハードに使いまくるのです。
使い終わればガシガシ洗われます。毎日毎日、そうです。
すると、いくら丈夫だとしたって、当然ながら経年劣化が生じます。
あるいは時には、コンベアが蛇行するなどしてベルトガイドと接触したり、あるいは摩擦によって劣化が進むことだってあるでしょう。

で、こうしてベルトが痛み、異物要因が生じていくことになる。

特に多いのが、ベルトの両サイドの劣化。
ここがほつれて痛んでくるんですね。
一般的にこの現象を、「耳ほつれ」と言います。

すると下層の繊維が出てしまい、その繊維が切れて混入する、ということが時折あります。
これがベルトコンベアにまつわる混入事故で一番多いパターンです。

ですから当然コンベアメーカーもこうした事態を防ぐために、「耳ほつれ」防止対策を行っているところが多い。
例えば両サイドを樹脂で覆ってしまう。
一般的には「耳シール加工」、あるいは「エッジシール処理」などと呼ばれる手法ですが、こうした両サイドへのシール加工を施すことで、断面である側面の耐久性を高め、繊維の毛羽立ちやほつれを防ぐのです。
しかもこれは、側面側からのベルト内への菌の侵入をも防ぐというメリットも備えています。

しかし。
それだってやはり毎日繰り返し酷使して使っていれば、やっぱり完全に防ぐのだって難しくなるというもの。
しかも、そのエッジ自体が破損すれば、それもまた異物要因となるかもしれない。

でもここでもうちょっと考えてみましょう。
今回の混入異物は樹脂であるという。
つまり、こうした「耳ホツレ」にまつわる繊維じゃない。
んじゃ、何が混入したのか。

となると、次に考えられるのは、コンベアの表面樹脂の「コーティング剥離」です。
つまりコンベア表面に何らかの衝撃などが加えられたりして、上層の樹脂が剥がれてしまう、ということです。
2層をいくら接着剤でプレスして張り合わせているからといっても、なんらかの原因で剥離してしまうこともないとはいえない。
その場合、剥離片などが食品に触れて混入してしまう、という危険性も考えられるでしょう。
今回のケースは、これである可能性が多分に考えられます。

もっとも、樹脂コンベアには多くの種類がありますし、そのどれが使われていたのかもわかりません。
それに、ベルトコンベアにはベルト部のみならずローラーパーツやその他にも樹脂が使われていることも多いので、何が混入したのか、までは定かではありません。
ただ、一番可能性として考えられるのは、そんなところではないでしょうか。


平井カンパニー

まとめ

少しばかり長くなってきました。
この前編では、どのようなじゃがりこに混入が起きたのか。
そして、そのコンベアベルトの混入事故とはどうして起こったのか、について解説させていただきました。

後編では、どうしてそれがコンベアベルトの部品だと分かったのか。
またこの自主回収が意味するものはどういうことなのか。
さらには買ってきたじゃがりこの食べ比べなどについて、お話していこうかと思っています。

以上、このように、このブログでは食品衛生の最新情報や知識は勿論、その世界で長年生きてきた身だから知っている業界の裏側についてもお話しています。
明日のこの国の食品衛生のために、この身が少しでも役に立てれば幸いです。

■□貴方の工場・店舗で悩んではいませんか■□
・どうやって防虫管理・衛生管理をすればいいか判らない
・今やっている防虫管理・衛生管理が正しいか判らない
・何か問題が発生したときの対応が判らない
・取引先や保健所の査察が不安だ
・でも余りコストもかけられない
だったら貴方が防虫・衛生管理のプロになればいいのです!

高薙食品衛生コンサルティング事務所にようこそ
  • 私達は、どんな工場、お店の方でも防虫管理・衛生管理のプロレベルに育成することが出来ます。
  • 何故なら、防虫管理・衛生管理のプロとは、基礎知識に加えて「正しい管理の仕組み」を作れる能力を持つ者のことだからです。
    この「管理の仕組み作り」を知るこそが、防虫管理・衛生管理のプロへの道なのです
  • そんな防虫管理・衛生管理のプロを育成し広めることで、日本の「食の安全安心」を、さらにより広く、より高くさせることが私たちの使命だと信じています
  • どうですか?
    そんな防虫管理・衛生管理のプロにあなたもなって、本当の「食の安全安心」を私達と一緒に広げていきませんか?