プロに聞く、衛生管理&防虫管理Q&A。
今回はこの時期に突如として大量発生する、タカラダニについてお答えしましょう。あの、コンクリートの上などで生息している赤い小さな虫は何なのでしょうか。殺虫剤が効かないって本当なのでしょうか。
今回、そして次回と、二部構成でこれらについてお話させていただきます。
(今回はその前編となります)

改めまして、皆様こんにちは。
高薙食品衛生コンサルティング事務所です。
ここだけしか聞くことの出来ない神髄中の神髄、
「プロが本気で教える衛生管理」を、毎日皆様にお教えいたします。
(アイキャッチ画像はウィキペディアより)

 

今日のお話の概要
  • タカラダニの正式名は、「カベアナタカラダニ」である
  • タカラダニの活動期は4月下旬~6月。5月上旬のゴールデンウイーク前後が活性のピークである
  • タカラダニは日当たりのいいコンクリート上や壁面、アスファルト上、そのほか屋外にて生息している
  • タカラダニによる人間への健康被害はほとんどない
  • ただし体色が真っ赤で目立ち、またつぶれると一見して血にも見えるため、食品工場や店舗では、異物混入防止上で対策が必要

 

 

質問:あの赤い虫は何ですか?どうやって退治すればいいですか

皆様、こんにちは。
白崎食品衛生コンサルティング事務所です。
プロに聞く、衛生管理&防虫管理Q&A。
今回は、この質問に答えます。
(衛生管理、防虫管理のご質問は、お問い合わせのメールにて承ります)

質問:「この連休時期になると、決まって晴れた日の日中、赤い小さな虫が大量に工場のコンクリート上で発生します。
この赤い虫は何ですか?どうやって退治すればいいのでしょうか」

 

新型コロナウイルスのため、外出自粛のままGWを迎えることになった、この昨今。
しかし毎年、このころになるとある問題が生じる、という方もいることでしょう。

始まりは桜も散って青々としてくる4月中旬ごから。
ピークはこの5月の連休やその後あたりまで。
そしてこれが梅雨がそろそろ始まるぞという6月くらいまで、やたらと小さな赤い虫がコンクリートやアスファルトなどでわらわらと生息しているのを見かける、というかたも多いのではないでしょうか。

あの虫は一体なんでしょうか。
そして!
知っていますか?
あの虫は、実は一般的に皆さんが使用しているような殺虫剤では効果が薄い、ということを。

そこで今回はその正しい駆除方法も、あわせてお話していきましょう。
なお、こちらは二部構成の「前編」になりますので、もし「後編」から来られた方は、まずはこちらを最初に読んでください。

タカラダニとは

まず、あの赤い小さな虫はなんでしょうか。
あれは、タカラダニ、というダニの一種です。
より正確には、「カベアナタカラダニ」と呼びます。
体長およそ1~3mm弱、よく見ると多くの毛で体が覆われています。

このタカラダニは、およそ今ごろ、4月下旬~5月上旬のゴールデンウイーク前後をピークに活動します。
気温や天候、様々な条件などによって毎年その活動期が異なったりするのですが、それでも6月に入って梅雨を目前としたあたりにはまたばったりと消えてしまいます。

皆さんもこの時期、自身の工場や店舗の外周コンクリートや外壁、あるいは公園や階段、自宅のベランダなどでわらわらとタカラダニが動いているのを見たことがあるでしょ?

ですが実は、例えば工場や店舗での防虫管理、モニタリングを行うと、割と早い時期から捕獲がみられたりします。
実際に首都圏工場などでは、なんと今年2月の捕獲調査で、複数の工場にてタカラダニの捕獲がありました。
まあ捕獲数は1~2匹程度なのですが、それでもこの時期から実は少しずつ活動している、というわけです。
(今年は記録的な暖冬だった、という要因もあるのでしょうが)

ところが。
実をいうとこのタカラダニというのは、いまだ謎に包まれた、よくわからない虫だったりします。
というのもタカラダニについては研究もまだ進んでおらず、未解明、不明なことが多いからです。
ですからほんの少し前までは、このタカラダニは一体何を食べているのか、なぜこの時期に多量に出てくるのか、どうやれば駆除できるのか、そうしたことが一切不明でした。

それがやっと近年になって、少しずつ研究者たちによって明かされ、世に情報が出始めています。
ですから今回はそれらを紹介しながら、工場や店舗での防虫対策においてこのタカラダニ対策をどう行えばいいかについて考えていくことにしましょう。

タカラダニの生態

それでは、ようやく明かされ始めてきたタカラダニの生態について、お話していきましょう。
尤も細かい生態解説は他にまかせ、ウチではより実践的、具体的な工場や店舗などでの防虫対策の話に比重を置きたく思います。

幼虫は、セミやバッタ、アブラムシなど自分より大きな昆虫に寄生し、体液を吸っているようです。
やがて地上に落ちて若虫になります。

では、タカラダニは何を食べているのか。
これすら少し前まではわからなかったのですが、近年の研究で、どうも花粉や微小な有機物を食べて生きている、ということが知られるようになってきました。

なぜタカラダニはコンクリートの表面に生息しているのでしょうか。
それは、コンクリートのような多孔質の材質には花粉が非常に付着しやすいからだ、といった理由のようです。

そこで、コンクリートの間の隙間やクラックなどに潜んで卵を産みつけ増殖し、晴れた日にわらわらと出てきて活動するのです。

それと、面白いのは、発見されるのはいずれも雌ばかりなのだそうです。
というのも、タカラダニは雌だけで生殖(単為生殖)している、ということのようです。
つまり、一般的に昆虫が多量に忙しく活動するのは生殖行為であることが多いのですが(ユスリカの蚊柱のようにね)、タカラダニがあのようにコンクリート上でわらわらと忙しそうに動いているのは、生殖行為ではない、ということです。

うーん、つくづく変な虫だなあ。

タカラダニによる人への影響は?

タカラダニは花粉やコケ、微小な昆虫を食べて生きているダニです。
ですから人間を刺したりかんだりすることはまずありません。
(といってもこれもまだ未解明のようですが)
ですから、タカラダニによる健康被害はほぼない、と言っていいでしょう。

タカラダニはいわゆる不快害虫です。
つまり、健康上影響は直接的にはないけれど、一杯いるから気持ちが悪い、という「気持ち」の問題で嫌われています。

普通、ダニ類は微小なので、たとえ多量に生息していても見えないことが多いです。
ていうか、見えません。

例えば、実際に食品工場や店舗にトラップを仕掛けると、湿度が高くカビが進行しているようなところでは、小さなトラップに1か月で数百、やもすれば千単位にまでダニ類が捕獲されることが珍しくありません
ですが、そうした工場で、目視によってダニが一杯いた!となることは、ほーーーーーっとんど!ないでしょう。
だって、そんな数百捕獲されたトラップだって、ぼくらプロですら捕獲ナシと普通にスルーするくらいに微小で見えないのです。
実体顕微鏡で見て、やっとわかる。
あれ、数百いるやん、となる。
それがダニ類です。

ところが、タカラダニは目立つ。
真っ赤なので、滅茶苦茶、目立つ。
だからこうやって、気持ち悪い!という話になる。
こんなに一杯いて、体に大丈夫なの?ダニって確か、人を刺すよね?などという話を顔をしかめながら持ち出してくる。
そうした相談は、ぼくらのところにこの時期、よく投げかけられます。
そして答えます。

大丈夫です、刺しません、と。

異物混入要因としては、要注意なタカラダニ

しかし。
これがこと工場や店舗での防虫対策、となったら話は別です。
というか、こっちこそが実は重要です。

工場から離れた公園などでタカラダニが一杯いたって、このように問題はありません。
ですが、工場の防虫管理上、捕獲がされている、というときは少々考えたほうがいいでしょう。

まず、タカラダニは目立ちます。
異物混入したら、赤いのでなんだこれはと、確実に目立ちます。
しかもつぶれるとまるで血のように見えるため、結構インパクトが大きいです。

それと。
タカラダニは飛べません。
飛べませんから、地面にいるものがジャンプしてライン上の製品に飛んで混入することはありません。

ですが、タカラダニはコンクリートの外壁に生息しています。
外壁には結構亀裂などの隙間があったりしますし、窓にも実はダニ程度ならもぐりこんで室内に侵入できる程度の隙間は生じているものです。
ですから、こうした隙間から潜り込んで、工場の製造室内や店舗内にタカラダニが侵入している、なんてことはそんな難しい話でも珍しい話でもありません。

実例を1つ出しましょう。

とある首都圏の洋菓子工場の包装工程で、昨年春のライトトラップ捕獲結果に、タカラダニが1匹確認されました。

いいですか、よく考えてください。
ライトトラップですよ?
天井に設置されているんですよ?タカラダニは飛べないんですよ?

これは、天井パネルと壁面の合わせのコーナーにほんの小さな隙間があり、そこからタカラダニが侵入し、落下し、トラップに付着した、としか考えられません。
(こうしたライトトラップへの歩行性昆虫の捕獲例は、案外と実はあるものです)

そしてここは包装工程。
少し離れた箇所には包装ラインが走っていました。

つまり、外壁コンクリートに生息しているタカラダニが、その隙間から侵入して室内に落下し、混入する確率はないわけではないのです。

ちなみにこの工場、防虫管理レベルも衛生意識も非常に高いお客様でして、とくに搬出入室などからの飛翔性昆虫の外部侵入リスクに対するバリア性(防御力)は非常に強固な工場でした。
ですから、この包装工程に飛翔性昆虫が侵入することは、これまでまれですらありました。
にも拘わらず、こうしたちょっとした隙間から、タカラダニが侵入、落下し、混入リスクをもたらすこともある。
これは様々な点からも、考えさせられる実例かと思います。

前編:まとめ

以上が、タカラダニの特徴です。
まとめると、このようになります。

 

タカラダニとは
  • 正式名は、「カベアナタカラダニ」
  • 体長1~3mm弱、体色は鮮赤色、円形で多くの毛によって体が覆われている
  • 活動期は4月下旬~6月。5月上旬のゴールデンウイーク前後が活性のピーク
  • 日当たりのいいコンクリート上や壁面、アスファルト上、そのほか屋外にて生息
  • 花粉やコケ、微小な昆虫を捕食する
  • 人間への健康被害はほとんどない
  • ただし食品工場や店舗では、異物混入防止上で対策が必要

 

さあ、そんなタカラダニですが、実はこいつら、「殺虫剤が効かない」のです

ええ!?
と思う方も多いことでしょう。
だって、あちこちのネットで「殺虫剤で駆除してください」って書いてあるじゃん!と訝しがることでしょう。

さあ、それではその真相を、後編で詳しくお話していこうかと思います。

以上、このように、このブログでは食品衛生の最新情報や知識は勿論、その世界で長年生きてきた身だから知っている業界の裏側についてもお話しています。
明日のこの国の食品衛生のために、この身が少しでも役に立てれば幸いです。

 

■□貴方の工場・店舗で悩んではいませんか■□
・どうやって防虫管理・衛生管理をすればいいか判らない
・今やっている防虫管理・衛生管理が正しいか判らない
・何か問題が発生したときの対応が判らない
・取引先や保健所の査察が不安だ
・でも余りコストもかけられない
だったら貴方が防虫・衛生管理のプロになればいいのです!

高薙食品衛生コンサルティング事務所にようこそ
  • 私達は、どんな工場、お店の方でも防虫管理・衛生管理のプロレベルに育成することが出来ます。
  • 何故なら、防虫管理・衛生管理のプロとは、基礎知識に加えて「正しい管理の仕組み」を作れる能力を持つ者のことだからです。
    この「管理の仕組み作り」を知るこそが、防虫管理・衛生管理のプロへの道なのです
  • そんな防虫管理・衛生管理のプロを育成し広めることで、日本の「食の安全安心」を、さらにより広く、より高くさせることが私たちの使命だと信じています
  • どうですか?
    そんな防虫管理・衛生管理のプロにあなたもなって、本当の「食の安全安心」を私達と一緒に広げていきませんか?