プロに聞く、衛生管理&防虫管理Q&A。
今回、次回と二回に分けて、食品工場の照明の明るさについてのご質問に答えます。
また簡単手軽に工場内の照度を調べる方法も教えます。

改めまして、皆様こんにちは。
高薙食品衛生コンサルティング事務所です。
ここだけしか聞くことの出来ない神髄中の神髄、
「プロが本気で教える衛生管理」を、毎日皆様にお教えいたします。

 

今日のお話の概要
  • 「ルクス」とは「照度」、つまり「ある場所の明るさ」を表す単位である
  • 食品工場では、労働安全、品質維持、異物混入事故防止などの面から、工場内の照度を有る程度高めることが必要である
  • JIS規格では、一般的な工場内の製造室の照度を500lx~750lxと定めている

 

 

質問:食品工場の照明の明るさはどの位がいいのですか?

「食品工場の照明は、異物混入対策上、どのくらい明るければいいのでしょうか。」

はい、早速お答えしていきましょう。
ちなみにぼくは防虫管理、衛生管理の専門家であって、照明設備の専門家では全くありません。
ですが、このような衛生管理上での話や防虫対策の照明対策などで、嘗て某大手照明メーカーと長らく関わってきた経験があるので、それなりに知識があるのです。

よってこれからの話も、そんな大手照明メーカーの開発さんなどから直に教えてもらったり、ぼく自身がそうした中で調べてきたりした話となります。

なお、こちらは二部構成の「前編」になりますので、もし「後編」から来られた方は、まずはこちらを最初に読んでください。

「照度」って何?

まずは照明の基本の話から始めましょう。

そもそも、照明の明るさって何でしょうか。
ここから話す必要があります。
照明の明るさを、どうやって評価すればいいのでしょうか。

照明の明るさを表す「単位」は幾つかあります。
「ルクス」「カンデラ」「ルーメン」などがそれに当たります。
で、まずこれらの違いが結構ややこしい。

では、これらは何が違うのでしょうか。
照明の明るさを評価するとき、どの単位で話せばいいのでしょうか。

 

照明の明るさの単位
  • ルクス(lx)
  • カンデラ(cd)
  • ルーメン(lm)

 

 

まず「ルーメン」から行きますね。
「ルーメン」とは、「光束」の単位です。

って!
「光束」って何だよって話ですよね。
高速?校則?拘束?
違う、「光束」。
はあ、俺最高うっとり。
いやそれ、恍惚。(てかキモイ)

…ごめんなさい、真面目にやります…。

「光束」とは、その照明から発せられる光の総量のことです。
作業をしている手元の明るさとかとは全く関係なく、その照明がどのくらいの光を放っているか、いわば全方向に出た光を、全部集めて測定した「照明器具そのものの明るさ」を示すものです。

つまり「ルーメン」=「光束」は、その照明のハード的な光の「量」の単位です。
要するに、照明の性能の話です。
昔は照明の単位として、「ワット」が使われていました。
「ワット」とは消費電力量の単位であり、つまり「このくらい電力使っているくらい明るいんですよ」と言っていたわけですが、LEDの登場で省エネが進んだ結果、「いや、消費電力量じゃ明るさを計れないよね?」となったため、「ルーメン」が使われるようになったのです。

では、「カンデラ」とは何でしょうか。
「カンデラ(cd)」は「光度」とも呼ばれます。
これは、「照明がある方向に対して放つ光の量」を示す単位です。
「ルーメン」とどう違うんだ、となりかけますが、「ルーメン」が照明全体としての明るさを示すものであるのに対し、「カンデラ」はある一定方向に照らされた照明の明るさを示すものになります。

そして、「ルクス(lx)」です。
結論からいうと、食品の製造環境ではこれが基準となります

「ルクス」とは「ある場所の明るさを示す」単位です。
「ルクス」は「照度」とも呼ばれます。

照明器具としての性能や価値や、光の方向の是非や、その他の都合は全く関係なく、純粋に、そして結果的に、ただその照らされている場所の「明るさ」を示す単位です。
だからこそ、工場内の作業場での照明の単位として使われるわけです。

照明機器の機能はいい、照明が何処を向いているか云々とかも、どうでもいい。(というと言い過ぎでしょうが、話はそこじゃない)
結果的に、作業工程の「明るさ」を評価したい。
だって、それが異物混入や作業ミスなどに直結するから。
こうした需要において、「照度=ルクス」は最適の評価軸となるでしょう。

だから、製造現場での照明の明るさの評価として、「照度=ルクス」が使われるのです。

そもそも何故工場内で照明の「明るさ」が必要なのか

さあ、「照度」とは何かが判ったところで、もう一つの「そもそも話」です。
そもそも、どうして工場内の製造環境で、ある程度の「明るさ」が必要なのでしょうか。

一つは、作業における安全性です。
食品工場では、時に刃物を扱ったり、高熱の加熱を行うなど、危険に直結する作業が多々みられます。
また施設や設備のレイアウト上、作業者や機械類などにぶつかったりぶつけるなどといったことも考えられることでしょう。
当然ながら照度の足りない暗所での作業は、安全対策上でも決してよいとは言えません。

それから、製品の品質上の必要性です。
暗所での作業は、製造上の作業のミスにつながりかねません。
ミスのみならず、目視による製品チェックにも差し障り、品質上での問題が生じかねません。

更に、食品工場においては、暗所での作業は作業上での異物混入の危険性が高まります。
そんな製造工程上でのおぼつかなさに加えて、検品上での発見もし損なう危険性も高まります。

更に言うなら、作業効率上、必要ということもあるでしょう。
それらの品質管理上の意味から、工場内での照度がある程度、求められることになるのです。

工場の照度はどのくらいに定められているのか

では、工場の照度はどのくらいに定められているのでしょうか。

まず、「労働安全衛生規則」の604条には、法規上の最低照度が書かれています。
それは、「普通の作業」が150lx以上、「精密な作業」が300lx以上、というものです。

ですが、これはあくまで一般的な作業における、労働安全を目的とした「最低照度」です。
そこで一般的には、「JIS規格」の照度基準が用いられることになります。


茨城産業保険総合支援センター

 

JIS規格(JIS Z 9110)では、一般的な工場内の製造室の照度を500lx~750lx、と定めています。
つまり様々な工程の中で、それを行っている手元が500lx~750lxあれば問題がない、というわけです。

しかしこれが検品工程などであると、もう少し高い照度が必要になるのが一般的です。
JIS規格でも、「精密作業」においては1,500lx以上を規定しています。

一般的に、照度は必要以上に上げるにはコストが懸かりすぎてしまいますし、省エネの観点からもムダになります。
そのあたりのバランスが難しいところでしょう。

あくまでおよその目安ですが、一般的な食品工場ではこのくらいの照度を基準にすればいいのではないでしょうか。

 

一般的な食品工場の照度の目安
  • 1,000lx~1,500lx:検品工程
  • 700lx~1,000:計量・盛付・包装工程(製造後)
  • 300lx~700lx:下処理~加工調理(一般的な製造作業)
  • 150lx~300lx:入出荷・開梱、その他

 

前編まとめ

と、これが照度に対する規格です。

ですが、実際にこうした照度を維持するためにどのような対策が取られているのでしょうか。
また簡単に自分の工場内の照度を調べる方法はあるのでしょうか。
後編は、それらについてお答えしていきます。

以上、このように当ブログでは食品衛生の最新情報やPCO、防虫対策の知識は勿論、その世界で長年生きてきたプロだから知っているテクニックや業界の裏側についてもお話しています。
明日のこの国の食品衛生のために、この身が少しでも役に立てれば幸いです。

 

■□貴方の工場・店舗で悩んではいませんか■□
・どうやって防虫管理・衛生管理をすればいいか判らない
・今やっている防虫管理・衛生管理が正しいか判らない
・何か問題が発生したときの対応が判らない
・取引先や保健所の査察が不安だ
・でも余りコストもかけられない
だったら貴方が防虫・衛生管理のプロになればいいのです!

高薙食品衛生コンサルティング事務所にようこそ
  • 私達は、どんな工場、お店の方でも防虫管理・衛生管理のプロレベルに育成することが出来ます。
  • 何故なら、防虫管理・衛生管理のプロとは、基礎知識に加えて「正しい管理の仕組み」を作れる能力を持つ者のことだからです。
    この「管理の仕組み作り」を知るこそが、防虫管理・衛生管理のプロへの道なのです
  • そんな防虫管理・衛生管理のプロを育成し広めることで、日本の「食の安全安心」を、さらにより広く、より高くさせることが私たちの使命だと信じています
  • どうですか?
    そんな防虫管理・衛生管理のプロにあなたもなって、本当の「食の安全安心」を私達と一緒に広げていきませんか?