冬なのに、他の虫は余り生息していないのに、何故かやたらとユスリカだけが多量に捕獲される。
こんな経験を持つ工場やお店はありませんか。
今日はそんな状況についてお話します。

改めまして、皆様こんにちは。
高薙食品衛生コンサルティング事務所です。
ここだけしか聞くことの出来ない神髄中の神髄、
「プロが本気で教える衛生管理」を、毎日皆様にお教えいたします。

 

今日のお話の概要
  • 東京都内で、真冬なのにユスリカが多量に捕獲される工場がある
  • このユスリカは、工場の外部に生息していたものが飛んで入ってきた、「外部侵入要因昆虫」である
  • ユスリカとは、夏に蚊柱を作って飛んでいる虫のことである
  • 普通のユスリカは、初夏と秋の二回活動ピークを迎える
  • 冬に活動するユスリカは、地域限定的な種のものであり、「フユユスリカ属」である
  • フユユスリカでもないのに、冬に活動しているユスリカがいる!?
  • ユスリカが内部発生することもある

 

 

真冬がユスリカの捕獲量ピーク

以前のお客さんのことです。

真冬なのに、ユスリカが尋常じゃなく捕獲される工場がありました。
数値は少し変えていますが、外部隣接の倉庫エリアは、およそこんな感じの捕獲推移。

 

真冬の1か月での、ユスリカの捕獲数がなんとゆうに1000匹超えですよ!?
しかも夏場のほうがまだ少ない、という状況です。
このデータを見る限り、夏ではなく冬を迎えた12月~1月に、年間を通じての捕獲数のピークを迎えているのです。
しかもこのことは何か特別なことがこの年にあったわけではなく、毎年同様に繰り返される。

これは一体どういうことでしょうか。

更に、ちょっとだけ補足を加えるとしましょう。
でもこれ非常に重要で基礎的なお話なので、どうか少しだけお付き合いください。

そもそも、工場の捕獲昆虫は「外部侵入要因昆虫」「内部発生要因昆虫」とに分けられます。
つまり、その虫は、「外から入ってきた」ものなのか。それとも「工場内で生まれ育った」ものなのか。
このどちらかに分けることで、その問題の「要因」を探るのです。

このことは防虫管理の基礎中の基礎であり、また下の「防虫対策の極意」に詳しいので、どうぞそちらを読んでみてください。

 

さて、お話を戻しましょう。
そして、この工場の場合、その冬の多量のユスリカは、別に場内での「内部発生要因昆虫」ではなかったのです。

実際、この工場のユスリカの捕獲状況はいずれも外部に近い箇所でみられており、また工場内部に向かうにしたがって次第に、しかし急激に少なくなっていた。
これはプロの防虫屋から見れば、典型的な外部侵入の現象であることが明かでした。
(内部発生ならある箇所だけ突出して捕獲され、他エリアでの捕獲が極めて少なくなるのです)

ということは、外からきた「外部侵入要因昆虫」つまり付近の外部環境の何処かで多量に生息し、飛来している、ということです。

要するに、真冬に多量のユスリカがこの工場の近くで生息しており、それが「外部侵入」、つまり工場に入ってきて捕獲されている、ということです。

一体、どこの南国田舎工場かと思うじゃないですか。
実はこれ、なんと東京都内のお客さんだったのです!

え、都内でそんな状況なの?
ぼくもそれを知ったときは、ちょっと驚きました。
(何せ根が田舎モンなものですから/笑)

さあこれはどのようなことなのでしょか。

ユスリカとは

おっと、その前に。
ごく簡単にユスリカとはどんな昆虫であるのか、その生態と特徴を少しだけ解説しておきます。

よく夏の夕方の河原などで、いわゆる「蚊柱」をたてて、ブンブンと飛び回っている虫を見たことがあるかと思います。
一見すると、「カ」のように見える。
そう思って刺されないように逃げる人もいるかもしれませんが、あれが「ユスリカ」です。


Wikipedia

まず「ユスリカ」という名が付いてますが、「カ」の仲間ではありません。
むしろ「ハエ」の仲間ですらあります。
ユスリカは正確には、「双翅目ユスリカ科」と言うのですが、この「双翅目」とはハエのことです。

ですからメスもオスも人を指したり吸血したりはしません。
それどころか、口が退化しているので吸血はおろか、食べられないためほんの数日しか生きられません。
ですから、よく多量にユスリカが飛んでくるとき、翌日には死骸が散乱していることがままあります。

釣りをする方は、「アカムシ」という幼虫を川釣りの餌にすることはありませんか。
あれはユスリカの幼虫です。
これですね。

 

このユスリカの幼虫は河川や湖、その他の水域に生息しています。
水の中で、藻や微生物などの有機物を食べて生きています。
この際、ゆらゆらと水中で揺れるように動いていることから、「ゆすり蚊」と呼ばれるようになった、と言われています。

さて、このユスリカの幼虫、通称「アカムシ」ですが、その名の通り体が赤いのが特徴的です。
これは体液の中に、酸素を余り含まない水の中でも生きていけるよう呼吸色素を含んでいるからです。

この幼虫はやがて、蛹となって、水面で成虫となります。
水域で発育するため、成虫のユスリカが多量に生息し、浮遊しているのも、自ずと河川などの近くになります。
河川や湖などの近くの工場でユスリカが問題になるのは、そういうことからです。

さて、先の通り、ユスリカの成虫は多量にブンブンと飛び回り、「蚊柱」を作ります。
これは、ユスリカの交尾であり、メスを巡ってオスが多量に飛んでいるのです。

 

冬に活動する類のユスリカがいる!?

思い起こせば、もう15年以上前になるでしょうか。
ぼくがまだ大手PCOの現場社員として働いていたときのこと。
地方の職場で、やはり似たように、真冬にユスリカがよく捕れるお客さんがありました。

冬にはスタッドレスタイヤを付け替えないと生活できないような田舎の話です。
その、ある河川のすぐ付近の工場で、同じように、なぜか12月から1月にかけてだけ、ユスリカの捕獲数が急激に上昇するのです。

職場の先輩がそれを見て、こう言いました。

「フユユスリカだね。
この付近だけ生息しているんだよ」

それが本当にフユユスリカという種のユスリカだったのか、ぼくにはその真偽はわかりません。
でもそう、先輩に教わって以来。
ぼくは、ある特定の地域限定においては、ある種のユスリカが生息し、その中には真冬に活動するものも少なくないことを知ったのです。

一般的なユスリカの活動ピークは、初夏と秋の年2回

一重に皆を括って「ユスリカ」と呼んでいますが、実はその種類は滅茶苦茶います。

そもそもユスリカは、その仲間の種の多い昆虫類として知られています。
日本だけでも1,000種以上が生息していると言われていますし、それのみならず、地域的な特性もあるものも少なくない。

ただし、その多くの活動時期は、春~秋がほとんどです。

一般的に、ユスリカの活動ピークは、年に2回あります。
それは、5月から7月にかけての、春~初夏。
それから、9月から10月にかけての、秋です。

夏季はといえば、もちろん活発に活動する種のユスリカもいるのですが、多くはあまりに気温が上昇しすぎると活動が衰えてしまいます。
いずれにせよ、春・秋の年2回のピークを含め、4月から11月にかけて活動し、冬、およそ12月から3月くらいまでにかけては、あまり活動をしません。

ですから、一般的な工場においてのユスリカの捕獲状況というのは、概ねこんな感じなはずです。

 

ほら、春先からぐぐっと上昇し始まり、7月に年間のピークを迎えるでしょ?
そして、一端真夏の8月に下落する。
でそのまま秋に向かって下がるのかな、と思いきや9月にまた急激に高まる。
そして、寒くなり、日没が早まって気温が低下し、冬になるなっていう頃に、ほとんど捕獲が見られなくなっていく。

おおよそのユスリカの捕獲状況、生息状況というのは、まあこんなものです。
これはつまり、工場外部の自然環境でのユスリカの活動を反映して、このようになるのです。
(ですから、これは「外部侵入要因」の場合です。工場の中で発生しているようなレアケース、「内部発生要因」であった場合については、後にお話します)

…と、これが極一般的なユスリカの特徴です。
しかし、その例外として、冬に活動のピークをむかえる類のユスリカが、中にはいるのです。

その一つが「フユユスリカ属」です。

フユユスリカ属とは

フユユスリカ属とは、その名の由来のまま冬に活動するタイプの、かなりレアなユスリカです。

普通のユスリカが活動している春季から夏季にかけては川の中で活動を停止して、冬眠ならぬ夏眠を行っており、晩秋をむかえて寒さが感じるようになってくるころ、再び活動を開始します。

フユユスリカは、1月から2月にかけて活発に活動するとともに産卵、繁殖を繰り返し、また3月以降に春が到来し、水温が高まることにまた活動を停止します。
完全に普通のユスリカの生活史の逆ですね。

しかし、フユユスリカの種類は、日本ではかなり少なく、限定的です。
現状では、以下の5種が知られています。

フユユスリカの種類
  • キソガワユスリカ
  • コキソガワユスリカ
  • ビワフユユスリカ
  • トガリフユユスリカ
  • マルオフユユスリカ

 

これらの名前を見ると、愛知県を流れる「木曽川」や、「琵琶」など、関西の地名が付けられています。
そう、これらはいずれもそちらの地域の限定的な生息なのです。

聞いた話ですが、例えば愛知県内の木曽川付近では、同じように真冬に多量のユスリカが発生し、問題となるようです。
その場合、これらのユスリカ、例えば「キソガワユスリカ」が問題種だったりする、ということです。

でもぼくが働いていた地域は、関西ではなく、関東圏内でした。

フユユスリカじゃない!?

ということは、ですよ。
ぼくが15年前に見たユスリカ、そして都内河川付近で出ていたこのユスリカは、フユユスリカ属のユスリカではない、ということではないですか?

いや、それ以外にも、12月にユスリカが急増するという声は、この業界では実は割とあちこちで聞く話でもあります。

ということはつまり。
フユユスリカ以外にも真冬に活動が活性化する別種のユスリカは存在する、ということじゃないでしょうか。

まあ、何にしてもユスリカの種類は1,000種以上。
ぼくらも知らないユスリカが存在したってなにもおかしくない話です。

尤もぼくは食品製造における「防虫管理」「食品衛生」の専門家であって、学術的な昆虫の生物学の研究者ではありません。
ですからここまでの話となると、若干専門性から外れます。
なので、もし「そうじゃないよ」という研究社からのご意見があるのであれば、逆にどうぞ教えていただきたいものです。

夏場に活動しているユスリカ

さて、ここでもう一度、最初にピックアップした年間のユスリカの捕獲グラフを見ることにしましょう。

 

年間のユスリカの捕獲ピークが冬であることはもうこれまでに示してきた通りです。
ですが、ちょっと考えてみてください。

冬に活動するユスリカは、先にも話した通り、春から秋は活動しません。
ということは、工場に飛来しませんから、捕獲されることはありません。

でも、変ですよね。
夏場にも、それなりの数のユスリカの捕獲がなされている。
ということは、複数のユスリカの種類が付近で生息しており、それらが外部侵入しているということになります。

つまり、この工場の外周環境では、冬には冬特有のユスリカが生息し、冬が終わればまた違う種のユスリカが春から秋にかけて活動し、また冬になれば冬特有のユスリカが生息している、ということになります。

なんだこのユスリカ天国!

実際、河川周辺では様々なユスリカが生息していることが多いです。
必ずしも一種ということはありません。

冬場に増える虫

さて、今回は冬に活動するユスリカについてのお話をしました。
なんとなくのイメージですが、真冬って虫が活動していないように思うかもしれません。

実際、多くの昆虫は卵や蛹の状態で冬を越したり、幼虫のまま活動をほとんどせずに越冬するなどとしているのですが、ですが必ずしも冬に虫が活動しない、というわけではありません。
特に今年のような暖冬では、活動しなくなる気温にまで至らず、割と晴れた日中の暖かな時間には虫の活動も見られたのではないでしょうか。

特にアブラムシやタマバエなどは、春を待たずしてふわふわと緑地で浮遊しているのを見ることが出来ます。
またトゲハネバエなども、12月くらいまではそこそこ捕獲がみられるハエです。
昨年前半、やたらと見られたアザミウマでしたが、これも12月また一端増えたという情報もぼくのところに入っています。

さらにはぼくのお客さんでは、本来熱帯の虫であるクロゴキブリが工場内でよく捕獲、生息しているのを伝えられました。
暖冬のせいか、やたらと成虫が見られたのが印象的でした。

 

もしかしたらそれ、内部発生かも?

さて最後に、もしかしたら?のケースに少しだけ触れたいと思います。

それは、
「もしかしたらそのユスリカ、内部発生かも?」
ということです。

実はユスリカは、時折、ですが工場内でも「内部発生」します。

勿論一般的には、外部侵入というケースがほとんどです。
ですから、ユスリカの内部発生という現象は、それほど一般的に知られてはいません。
でも、これがごく稀なのですが、ユスリカの内部発生ということも、実はあるのです。

このことは、もうちょっと詳しく別の記事で取り扱うようにします。
ですが、「本来外部侵入要因でしかないはずのユスリカが、何故か工場のある特定箇所だけで捕獲される」なんてことが続く場合、それもその捕獲数が他箇所よりも際だっている場合。
もしかしたらそのユスリカ、内部発生かもしれませんよ?

…とそのくらいは、まずが念頭に入れておくといいかもしれません。

追記:これがユスリカの真実だ!

さて。
このようなブログ記事を書いたところ。
なんと!
なんとですよ!?
Twitterにて、ユスリカの本職の研究者の方からの極上情報が寄せられました!

ええ、マジでー!?
sugeeeeeee!

それにしても、さすがは研究者の方、ぼくなんかとは知識の次元が違う。
ホンマすんませんでしたと、反省するばかり。
というかぼく自身、非常に勉強になる話ばかりで、そのせいか「うお!マジ!?そうなん!?!?」と食いついてしまったことも、合わせてお詫びします(笑)

では、ご許可を頂いたその方からのお話を以下、ご紹介したいと思います。

真冬でもフユユスリカ属以外にも見られますね。
例えばいわゆる普通種であるセスジユスリカもよく見られます。
ヒロバネエリユスリカもポツポツ見ます。

成る程、秋に活動期のピークを迎えるセスジユスリカ。
それが冬場にまで続くことだって、考えてみれば不思議じゃないのかもしれないですね。

工場内であればフユユスリカよりもムナトゲユスリカの線が濃いですよね。
またユスリカの語源ですが学名が『Chiromidae』、これはパントマイムの意味合いがあるとされており成虫が前脚を揺らすように見えるからだと言われています。
5年くらい前にユスリカの語源の論文が出てその様に書かれてますね。

すみません、これは全く知りませんでした。
ムチャクチャ面白い!
そうなんだ、「水中の幼虫の仕草」ではなくて、成虫の前足がパントマイムのように揺れて見えたからなんだ!

(ぼくの「意外と冬の活動型のユスリカは多いのですね。」に対して、ご返答を頂きました)
多いですね。もちろん夏秋に比べて少ないですが。
冬はエリユスリカ亜科の仲間が、夏場はユスリカ 亜科の仲間が多いですね。
逆にコキソガワフユユスリカは奈良女子大の先生から同定依頼を受けた時、10月くらいにも結構出ていたりします。

冬はエリユスリカ亜科の仲間が夏場はユスリカ 亜科の仲間が多いですね』と言いましたが、正確には『夏秋にはどの仲間も見られるが、冬場はエリユスリカ亜科が多い』です。
工場内はムナトゲユスリカ属(名前が出てこない)が結構見られ、実際見たらメスばかりで単為生殖なのでしょうね。

成る程!
冬場は相対的にエリユスリカ亜科が多くなるのか。
そして、フユユスリカももう秋口から出ているんだ。
へー。

あと工場内で内部発生しているあのユスリカは、「ムナトゲユスリカ属」なのか!
これも凄い情報ですね。
20年来のプロのぼくが知る限り、恐らくはこれ、日本初の情報じゃないかな!?

なお、現在ユスリカの国内での確認種は1178種とのことですので、是非ともこのお方の22未記載種を加えて、1200種目を記録することを期待しております。

貴重な情報ありがとうございました。

まとめ

今回は、冬に活動のピークを迎えるユスリカが存在する、という事例をご紹介いたしました。
尤も、そろそろ春間近。
うーん、正直、少し書く時期が遅れたかな…。

そう我ながら反省しつつ(苦笑)、それでもまだ活動が続いてもいますので、今からでも自分の工場、とくに河川から近い立地の方は注目してみるといいでしょう。

以上、このように、このブログでは食品衛生の最新情報や知識は勿論、その世界で長年生きてきた身だから知っている業界の裏側についてもお話しています。
明日のこの国の食品衛生のために、この身が少しでも役に立てれば幸いです。

 

■□貴方の工場・店舗で悩んではいませんか■□
・どうやって防虫管理・衛生管理をすればいいか判らない
・今やっている防虫管理・衛生管理が正しいか判らない
・何か問題が発生したときの対応が判らない
・取引先や保健所の査察が不安だ
・でも余りコストもかけられない
だったら貴方が防虫・衛生管理のプロになればいいのです!

高薙食品衛生コンサルティング事務所にようこそ
  • 私達は、どんな工場、お店の方でも防虫管理・衛生管理のプロレベルに育成することが出来ます。
  • 何故なら、防虫管理・衛生管理のプロとは、基礎知識に加えて「正しい管理の仕組み」を作れる能力を持つ者のことだからです。
    この「管理の仕組み作り」を知るこそが、防虫管理・衛生管理のプロへの道なのです
  • そんな防虫管理・衛生管理のプロを育成し広めることで、日本の「食の安全安心」を、さらにより広く、より高くさせることが私たちの使命だと信じています
  • どうですか?
    そんな防虫管理・衛生管理のプロにあなたもなって、本当の「食の安全安心」を私達と一緒に広げていきませんか?