本日、「フードセーフティジャパン2019」に行ってきました。
今回はそのレポートや見どころ、プロの衛生管理屋の感想やこれから行く方へのアドバイスなどをお伝えいたします。

改めまして、皆様こんにちは。
高薙食品衛生コンサルティング事務所です。
ここだけしか聞くことの出来ない神髄中の神髄、
「プロが本気で教える衛生管理」を、毎日皆様にお教えいたします。

 

今日のお話の概要
  • 食品衛生をメインとした展示会「フードセーフティジャパン2019」が、本日2019年9月11日から三日間開催される
  • 今年の「フードセーフティジャパン」の会場は、「HACCP」一色。皆の関心の高さがうかがえるよう
  • 会場となる「東京ビッグサイト 青海棟」は、「東京テレポート」駅すぐで、交通アクセスは悪くない
  • しかしセミナー会場への移動が大変
  • 昼食は案外どうにかなる
  • ダイキンさんの結露対策セミナーが面白かった
  • 薄っぺらなHACCP便乗ビジネス多すぎ問題

 

「フードセーフティジャパン2019」とは

本日、9月11日から13日にかけて、東京ビッグサイトにて「フードセーフティジャパン」が開催されています。

 

 

「フードセーフティジャパン」は今回で10回目の開催。
その名から想像するようなフードディフェンスに関したサービスや製品のみならず、広く食品衛生、異物混入対策、食中毒対策などに関わる展示が多いのが特徴です。

 

食の製造現場から食卓まで、安全・安心を実現する専門展示会

10回目の開催を迎える本展には、品質・管理部門を中心に経営層や生産・技術部門まで、衛生管理・HACCP対応などを目的とした来場者が集結します。製造現場のキーマンへダイレクトに訴求できます。

 

詳細は以前こちら↓に書いた通りなので繰り返しません。
ですが、要するに食品衛生管理全般における展示会がこちらだ、ということです。

 

フードセーフティジャパンに行ってみて

では、実際に初日行ってきた感想をお伝えします。

感想。
まず、一言で言って、

「HACCP一色」

でしたね。

そりゃ確かに、食品衛生法改訂に伴う義務化の波がすぐそこに来ているのは判ります。
いわば、トレンド。
まさにHACCPは、今一番の食品衛生管理の関心事であるのは、間違いない。

そんなわけで、かなり多くのブースが「HACCP対応」を掲げていたのが、まず印象的です。

と同時に、セミナーなどもそれをテーマにしたものが、ほんと多い。
如何にこの業界内の関心がそこに集まっているかがよく判ります。

まあそりゃ今、食品衛生管理をテーマにした展示会やれば、自ずとそうなるよね。
そんなわけで、会場ではどこもかしこからも、HACCP、HACCPとその看板があちらこちらに目に映る状況でした。

で、それに次いで、先の「FOOMA」でも問題とされていた省人化、無人化。
或いは昨今注目を集めているフードロスなども、テーマとして多かったかと思います。

ここは大丈夫?「フードセーフティジャパン」

展示会に参加するにあたり、気になるであろうことを、初日に行ってきた身からお伝えします。

交通アクセスは大丈夫?

今回の会場は、「東京ビッグサイト」新築の「青海棟」です。
ここは現在オリンピック使用で麹閉鎖中である「東京ビッグサイト」東棟の替わりに、二年間だけの限定契約で臨時に作った、離れの会場です。

だから、狭い会場にホールは2つ。
ビッグサイトからもそこそこ離れている。

でも交通アクセスについては、ご安心。
ここは「東京テレポート」駅から歩いてほんのすぐという立地。
5分以上歩く東京ビッグサイトよりも、エキチカ。
アクセス面での問題は、そうないかと思われます。

移動は大丈夫?

ただし、ここでひとつ問題が。
いや、展示会へのアクセス自体については上のように悪くはないのですが、しかし関連セミナーを見るためには、その会場であるTOCまで徒歩15分と、かなり離れた場所で開催しているのです。

 

9月とはいえ、真夏同様のぎらつく炎天下。
今日もめっちゃ暑かった。
それを15分歩いて移動するのは、正直勘弁願いたい。

そこで、今回は無料シャトルバスを用意しているのですが、これがまたシャトルバスといっても10人乗りのハイエース。
こんなんで捌けるの?って心配が拭えない。
そのせいか、バス待ちはそれなりの長蛇の列が出来てます。

 

こんなんで捌けるもんなの!?

尤も、双方は「りんかい線」1駅の区間。
それも、ともに駅から間近。
なので、電車を利用して移動する人も結構多かったです。

かくいうぼくもそうでした。
初回のセミナーがバス待っていたら、とてもじゃないけど間に合わない。
そこで電車で「国際展示場」まで1駅移動し、5分ほど歩いての「TOC有明」に行くというような状況でした。
でももうね、それだけですでに汗、ダッラダラ!

ランチは大丈夫?

朝から行けば、当然お昼にはお腹が空きます。
ですが「青海棟」の周辺には、それほど食べるところがありません。
さあ、どうしよう。

まあ、実際のところ、何とかなります。
まず、「FOOMA」程ではありませんが、ハード関係、例えばスチコンなどの調理機器関係のブースでは、やはりサンプルを配布しています。
これちょいちょいもらっていくと、どこかでご飯食べる必要が軽減される程度までには、お腹膨れます。

某メーカーさんとこの機械が作った、油林鶏。
香辛料が効いていて、美味かったです。
こんなん2つ3つ食べていたら、案外満腹になりそう。

 

つっても、ぼかあ「TOC有明」で優雅に一人焼肉食べてましたけどね!
2階の「牛傳」さん。
ん、あれ?向こうのほうになにか薄茶色の液体があるよ?
何だろこれ…。

 

このように、「TOC有明」に行けば、飲食店も見られます。
尤も皆セミナーの合間に集中して駆け込むので、昼時はどこも激コミですが。

ちなみにこの「TOC有明」には、中華、洋食屋さん、鶏専門店、すし屋、そしてこの焼肉屋さんなどが入ってます。
そういや以前、カレーのバイキングのお店が入っていたけど、やめちゃったのかな。
あそこ、割と良かったのに。

あと「青海棟」ですが、頑張って歩けば徒歩10分圏内にダイバーシティなどもあります。

今日イチ良かったダイキン結露対策セミナー

今回ぼくが見て、一番気に入ったもの。
それは、ダイキンさんの「結露対策」セミナーでした。

法人向けエアコンメーカー最大手であるダイキンさん。
そのせいか、こと温湿度管理や結露対策においては、かなりの知識と経験を持っている。

こう見えて、てワケじゃないけど、ぼくも素人じゃない。
衛生管理屋のはしくれなので、カビや結露対策はそれなりに知識と引き出しを持ってます。

うん、でも向こうのは「引き出し」っていうか、金庫でしたね。
完全にプロ。
衛生管理屋としても参りました。勉強させていただきました。

横行するHACCP便乗ビジネスってどうなの?

さて。
そんな一日を終えて、ふと帰り道に考えていたのが、

「HACCP便乗ビジネスってどうなん?」

ということです。

この折をとばかりにあやかろうと食いついてくる企業が、まあー、多いわ多いわ。
今日のような衛生管理関連の展示会に行くと、ホントそれを実感させられます。

「HACCP、なんでもご相談ください」
ってやつですね。
そりゃぼくも勿論やっているわけですけど、でもそれはこれまで食品衛生管理に20年近く関わってきた知識と経験があってのもの。
ついこないだHACCPコーディネイターだのになったような「ニワカ」が、もっともらしく大手を振っているのが、この現状。

例を挙げるなら、厨房機器や冷蔵庫、検査機器だのシンク屋だの。
そんな、あんたらハード屋でしょってのが、こないだまでろくに知りもしなかったくせに猫も杓子もさもそれらしい顔して、衛生管理屋ヅラで「HACCPはウチで」ってやってます。

じゃねーだろと。
ホントね、小一時間ほど問い詰めたい。
10年前、あんたらHACCPって知ってました?なわけ絶対ないですよね?と。
んじゃ食品衛生管理について、どこまで知ってるんですか?と。
知識や経験の蓄積どんだけあんのよ、と。

(HACCP義務化に電石ネット帽関係ある!?まあこの程度なら別にええですわ)

 

尤も、別にいいんです。
金の匂いに釣られて利益集団たる企業が動くのは、致し方なく当然といえば当然のこと。
それに何より、どうせそういう薄っぺらいところはすぐに消えていきますんで、実は毛ほども懸念も心配もしていません。
何せ衛生管理がそんな甘っちょろくないことなんて、ぼかあ20年以上骨身に染みていることです。
餅は結局、餅屋。
専門は、やっぱり専門家のもの。

ということで、皆さん。
展示会というのは、やはり玉石混交。
よって、ここにもそれ今だとばかりに「HACCP」というビラを貼り付けたような、そんな底が浅すぎる素人HACCPビジネスが数多く展示されてます。
ですから会場を回りながら、その企業の本業との距離を眺めて、どうぞ品定めしながら選択眼を鍛えてみてきてください。(笑)。

 

今日のお話の概要
  • 食品衛生をメインとした展示会「フードセーフティジャパン2019」が、本日2019年9月11日から三日間開催される
  • 今年の「フードセーフティジャパン」の会場は、「HACCP」一色。皆の関心の高さがうかがえるよう
  • 会場となる「東京ビッグサイト 青海棟」は、「東京テレポート」駅すぐで、交通アクセスは悪くない
  • しかしセミナー会場への移動が大変
  • 昼食は案外どうにかなる
  • ダイキンさんの結露対策セミナーが面白かった
  • 薄っぺらなHACCP便乗ビジネス多すぎ問題

 

 

■□貴方の工場・店舗で悩んではいませんか■□
・どうやって防虫管理・衛生管理をすればいいか判らない
・今やっている防虫管理・衛生管理が正しいか判らない
・何か問題が発生したときの対応が判らない
・取引先や保健所の査察が不安だ
・でも余りコストもかけられない
だったら貴方が防虫・衛生管理のプロになればいいのです!

高薙食品衛生コンサルティング事務所にようこそ
  • 私達は、どんな工場、お店の方でも防虫管理・衛生管理のプロレベルに育成することが出来ます。
  • 何故なら、防虫管理・衛生管理のプロとは、基礎知識に加えて「正しい管理の仕組み」を作れる能力を持つ者のことだからです。
    この「管理の仕組み作り」を知るこそが、防虫管理・衛生管理のプロへの道なのです
  • そんな防虫管理・衛生管理のプロを育成し広めることで、日本の「食の安全安心」を、さらにより広く、より高くさせることが私たちの使命だと信じています
  • どうですか?
    そんな防虫管理・衛生管理のプロにあなたもなって、本当の「食の安全安心」を私達と一緒に広げていきませんか?