2019年の9月11日から13日までの三日間、「フードセーフティジャパン2019」が開催されます。
今日はその内容紹介をはじめ、衛生管理のプロとして「これは参加しておいたほうがいいセミナー」「参加しなくていいセミナー」などについてもこっそりお教えしたいと思います。

改めまして、皆様こんにちは。
高薙食品衛生コンサルティング事務所です。
ここだけしか聞くことのできない真髄中の真髄、
プロが本気で教える衛生管理」を、毎日皆様にお教え致します。

 

今日のお話の概要
  • フードせーティジャパン2019とは、9月11日から13日にかけて開催される、食品衛生をメインとした展示会です
  • 食品メーカーの品質管理さんや経営者のみならず、食に関係する多くの企業にも関連したイベントとなっています
  • 場所は東京ビッグサイトの青海展示棟。いつもの会場ではありません。
  • セミナー会場も離れているので注意。
  • プロがチェック、ズバリ見るべきセミナーはこれだ!

 

フードセーフティジャパン2019とは

いよいよ今月9月11日から13日にかけて、東京ビッグサイトにて「フードセーフティジャパン」が開催されます。

 

 

「フードセーフティジャパン」は今回で10回目の開催。
その名から想像するようなフードディフェンスに関したサービスや製品のみならず、広く食品衛生、異物混入対策、食中毒対策などに関わる展示が多いのが特徴です。

 

食の製造現場から食卓まで、安全・安心を実現する専門展示会

10回目の開催を迎える本展には、品質・管理部門を中心に経営層や生産・技術部門まで、衛生管理・HACCP対応などを目的とした来場者が集結します。製造現場のキーマンへダイレクトに訴求できます。

 

食品関連の展示会で最もメジャーなものといえば、やはり「国際食品工業展」(FOOMA JAPAN)です。
今年開催の「FOOMA JAPAN 2019」については、ここでもレポートした通りです。

 

あちらの「国際食品工業展」(FOOMA JAPAN)でも、確かに食品衛生関係は大きく扱われていました。
ですが、それでもやはりメインの展示といえば、もっと製造技術的な専門性が高いものでした。
それに対し、こちらは食品衛生をダイレクトに扱っているのが特徴です。

だから来場者も、私のような食品衛生のプロは勿論のこと、食品企業の品質管理さんや経営者がメインターゲットとなっています。

 

フードセーフティジャパンの展示内容
  • 食品衛生対応設備・機器
  • 衛生資材
  • サニタリー機器
  • 洗浄・殺菌
  • 検査・分析
  • 従業員向け安全対策・環境改善
  • フードディフェンス
  • 設計・改修・補修
  • ライン設備・機器・部品
  • 省エネ・環境対策
  • AI/IoT・生産性向上
  • 防災・労働災害対策
  • 食品ロス対策
  • 食品工場設備・機器

 

 

同時開催の展示会もチェック

しかもこの「フードセーフティジャパン」には、同時開催の展示会が5つもあります。
小規模ではあるものの、これらも同時に見れる、というのも「フードセーフティジャパン」の醍醐味の一つでしょう。

 

同時開催の展示会
  • フードシステムソリューション(大量調理・給食)
  • フードディストリビューション(食品物流)
  • フードeコマース(食品EC)
  • SOUZAI JAPAN(中食・総菜製造)
  • アグリビジネスジャパン(農×食バリューチェーン)

 

これらによって食品メーカーのみならず、外食店やホテル、給食、物流、一次産業、その他広く食に関わる人がそのターゲットに含まれる、というのがこの展示会の特徴となっているようです。

会場は青海展示場

東京ビッグサイトの一番大きな東棟が現在、オリンピックに向けて大々的に工事中です。
そのため多くのイベントが西棟をメインに、また今年7月に新しく出来た南棟で開催されています。

今回のこの展示会も、少し離れたりんかい線の「東京テレポート駅」のすぐ付近に、急遽設置された「青海展示棟」で行われる予定です。
割と急に作られたこの青海展示棟。
噂では冷房施設が弱い、などとも耳にしていますが、どうなのか。

あとやっぱりアクセスですよね。
東京ビッグサイトからだと、歩くには距離があります。
となると、りんかい線の「東京テレポート駅」が一番近い。
降りてすぐ真横ですからね。

 

なお、ゆりかもめだと「青海駅」か「お台場海浜公園駅」が近いということです。

あと、セミナー会場が展示場から結構離れています。
FOOMAみたいに展示会をみがてらにセミナーを、と思うとちょっと今回はしんどそう。
まだ残暑の残る9月にあまりあちこち移動したくないなあ(苦笑)。

出るべきセミナー、いらないセミナーはどれ?

こうしたイベントでは展示物もさることながら、やっぱりセミナーが気になりますよね。
そこで、食品衛生管理のプロであるぼくが気になるもの、また「これはいらんな」というものについて、ピックアップしてみましょう。

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理

9月11日のメインのセミナー。

小規模の工場や飲食店、いわゆるB基準を対象としたHACCPをどうするか。
まあ最近ありがちなテーマなので、話すことの大枠の見当はそれなりに付く。

でも講師陣から見るに、ロッテリアの品質管理など大手チェーン店で具体的にどう対応するのか、保健所ではどう指導していくのか、そこら辺の突っ込んだ話については興味アリ。
なので、一応出ようかな。

低温空調設備における結露対策と省エネ対策

同じく9月11日のセミナーです。

工場ならどこでも夏場に大概問題になるのが、結露とカビ。
それを法人対象の空調シェア率でトップのダイキンさんがどう捉えているのか。

だって、言ってみればダイキンさんの空調でみんな結露が生じているわけですから(笑)、ちょっとどう考えてるか興味ありません?
湿度対策がキモ、みたいな話なんでしょうけど、これはぼく、見たい。

新たな時代の食品製造業のエコシステム

同じく9月11日のセミナーです。

富士通の人がIT的なことを話すんでしょう。
完全に食の素人の話。
どうでもいいです。

建物の生物被害とその防除(鳥害)

9月12日のセミナー。

鳥害について竹中工務店さんが話すということですけど、どうなんだろ。

あのね、鳥害に有力な手段なんてぶっちゃけないんですわ。
止まらないような構造にするだけ。
「研究開発」なんていってますけど、この人達、我々からすると、建物はプロですが生き物相手はど素人ですからね。
表層の話は正直、どうでもいい。

尤も、その「建物のプロ」として何を話すかには、少々だけ興味あり。
ま、ぼくは出ませんけど(笑)。

悪臭クレームや異臭問題の近年の動向とその対応

9月12日のセミナー。

臭いって奥が深い。
ぼくも仕事上、消臭なども請け負いますが、ぼく自身は(そりゃ一般的な方々より遙かに知識はありますが)、正直、臭いには素人です。
臭いってそもそも個人差が大きいですからね。
それに制御できるものなのか、そこら辺を専門家に聞いてみたい。
興味あります。

HACCPに沿った衛生管理の制度化について

9月13日のセミナー。

お役人さまの話。
いりません、知ってます。
何も知らない人はどうぞ。

GFSI承認規格の位置づけと業務での効果的な活用

9月13日のセミナー。

GFSI承認とった物流会社の人の話。
これも表層だけっぽいから、いらない。知ってます。
何も知らない人はどうぞ。

なんか13日のセミナー、いいもんないな(笑)。

その他のセミナーについて

小規模開催のセミナーも見てみましょう。

「HACCPの制度化に向けていまやっておくべきことはこれだ!」
さすがコンサル屋さん、
やれ「HACCP構築とシステム的検証がうんぬん」みたいなしかめっ面のカタブツタイトルはつけずに、判りやすくズバっと直球タイトル付けてきてる。
こういう方がお客さんは判りやすいし、食いつきやすいことを知っている。

そう、講習会なりセミナーのタイトルは、シンプルに判りやすくキモをドン!と伝える。
判っていてもなかなか出来ないことをしっかり踏まえてるあたり、さすがです。

尤も内容は、うん、想像の範囲内でしょうね。
やれ厚生労働省のホームページだ、PPだ、危害分析だ云々、以上。
だって普段高いお金払ってスペシャルなことを話すプロが、宣伝目的で出てるこのような無料セミナーで、とっておきのメシのタネをぽろぽろ晒すわけがないんです。
一流のプロなら尚更のこと。
だって、ぼくだってそうだもの。
なので、何も知らない人だけどうぞ。

意外に面白そうなのは、「カット野菜の微生物コントロールと製造のポイント」
微生物もヘチマもカット野菜だからどうせ次亜塩漬けにするんだろ、とか一見考えがち。
でもこういうのって細かなところでメーカーの持ってる特殊なノウハウだったりすることが実は多いんです。
しかもキューピーの品管さんというガチな人の話だから、案外期待できます。

あと、どうせお役人さまの話でしょ、とスルーしかけるけれど、「食品ロス削減法成立と今後の事業者の取り組みについて」。
これはこれで、意外とアリかもしれませんよ。
手探り不透明なところの多い食ロス法の現状、お役所がどう動いているのかを知るいい機会かも。

まとめ

今回は、今月の9月11日から13日に開催される「フードセーフティジャパン」についてお話いたしました。
なお展示物やセミナーの感想などについては、後日またお話したいと思います。

それじゃ皆様、会場で。

 

今日のお話の概要
  • フードせーティジャパン2019とは、9月11日から13日にかけて開催される、食品衛生をメインとした展示会です
  • 食品メーカーの品質管理さんや経営者のみならず、食に関係する多くの企業にも関連したイベントとなっています
  • 場所は東京ビッグサイトの青海展示棟。いつもの会場ではありません。
  • セミナー会場も離れているので注意。
  • プロがチェック、ズバリ見るべきセミナーはこれだ!

 

 

■□貴方の工場・店舗で悩んではいませんか■□
・どうやって防虫管理・衛生管理をすればいいか判らない
・今やっている防虫管理・衛生管理が正しいか判らない
・何か問題が発生したときの対応が判らない
・取引先や保健所の査察が不安だ
・でも余りコストもかけられない
だったら貴方が防虫・衛生管理のプロになればいいのです!

高薙食品衛生コンサルティング事務所にようこそ
  • 私達は、どんな工場、お店の方でも防虫管理・衛生管理のプロレベルに育成することが出来ます。
  • 何故なら、防虫管理・衛生管理のプロとは、基礎知識に加えて「正しい管理の仕組み」を作れる能力を持つ者のことだからです。
    この「管理の仕組み作り」を知るこそが、防虫管理・衛生管理のプロへの道なのです
  • そんな防虫管理・衛生管理のプロを育成し広めることで、日本の「食の安全安心」を、さらにより広く、より高くさせることが私たちの使命だと信じています
  • どうですか?
    そんな防虫管理・衛生管理のプロにあなたもなって、本当の「食の安全安心」を私達と一緒に広げていきませんか?