チャバネゴキブリの基礎知識や生態について前回までお話いたしました。
それを踏まえて、食品工場では何をすべきか、どのように駆除していくべきか、その具体策についてお話いたします。

改めまして、皆様こんにちは。
高薙食品衛生コンサルティング事務所です。
ここだけしか聞くことの出来ない神髄中の神髄、
「プロが本気で教える衛生管理」を、毎日皆様にお教えいたします。

チャバネゴキブリの駆除対策の流れ

工場内に生息しているチャバネゴキブリを駆除するには、大きく次のような流れで実施するのが一般的です。
それは、もし自社で駆除するのであれば基本的に同様の流れを踏むことになります。

IPMに基づくチャバネゴキブリの駆除手順
  1. 生息状況の把握(生息調査)
  2. 営巣状況の把握と、対策選定
  3. 駆除施工の実施
  4. 環境対策の実施
  5. 効果判定(生存状況の把握)
  6. 補助施工
  7. 最終効果確認

 

まず重要なのは、一般の方によるその場の思いつき感覚頼りの駆除はしないことです。
プロの駆除屋には、プロなりの根拠があるものです。
それは長年の経験によって培われたものであり、それを一般の方が出来ると思わないほうがいいでしょう。
効果を望むなら基本を踏まえること、これが重要です。

ゴキブリ駆除①生息状況の把握

まずは場内のゴキブリの生息状況を知ることから始まります。
つまり、「現状把握」のために、「生息調査」を行います。
それによって、どこにどのくらい生息しているものをどのくらいに減らすのか(目標)、そのためにはどんなことをすればいいのか(方針)、が見えてきます。
それに基づいて、「現状把握」して、様々な対策を行う。
そう、現在の防虫管理の基本である「IPM」の、その基本中の基本ですね。
ゴキブリ対策だって、それは変わらないのです。

生息調査の方法はそれほど難しくはありません。
ここにゴキブリがいそうだなあ。そんな怪しいところに捕獲トラップを数日設置し、その捕獲状況から実際にそこに生息しているかどうかを確認する。それだけです。
トラップに関しては、市販のゴキブリ用トラップで全くかまいません。
なんならネット上でも販売されています。
様々なものが販売されてますが、性能自体はそれほど多くは変わらないから大丈夫です。

このようなものですね。amazonさんでも扱っています。
敢えて言えばこのようにトラップ自体に日付などを記載できるものがいいかと思います。
(尤も今どきどのトラップは大概皆そうなっていますが)

ちなみに、ゴキブリ用の誘引剤というものがあります。
上のようなトラップに誘引剤を設置して、ゴキブリを誘引、捕獲する、というもの。
私もプロとしての業務ならば時としてそれを使用するときがあります。
ですが、一般の方々がわざわざそれを購入してまで付けるべきか、とまでは思いません。
その理由として第一に、このトラップは捕殺による駆除が目的ではないからです。
あくまでこれは、トラップ付近に生息しているかどうかの把握のための生息調査を目的としたものです。
またもう一つの理由として、正直、どんな優れた誘引剤やトラップでも、それほどまでに劇的な誘引・捕殺効果を生じさせるわけではないからです。
(クロゴキブリ用トラップに付いているものも、はっきり言って同様です)
プロなら皆常識として知っていることですが、そもそも「捕獲」という手段で内部発生しているチャバネゴキブリをトラップによって捕殺しきることは現実的に完全に不可能です。

さて、話題を戻して調査用トラップです。
ではこれらをどこに設置すればいいのでしょうか。
まず前回、チャバネゴキブリの活動範囲はせいぜい1~2m程度だというお話をしました。
このことは、極論を言えば場内にくまなく1~2㎡スパンにトラップを置けば生息状況が把握できる、ということになります。
ですが、さすがにそれは現実的ではないですよね。(笑)
そこでチャバネゴキブリの営巣しやすそうな箇所に「目星」を付けて、トラップを設置することになります。
まずはこんなところに置くようにしてください。

チャバネゴキブリの生息調査でのトラップ設置箇所
  • コールドテーブルのカバー内(モーター部周辺)
  • 冷蔵庫モーター部のカバー内(モーター部周辺)
  • シンクの折り返し内
  • 洗浄機周辺
  • 温水パイプの側面、周辺
  • 配電盤内
  • 消火栓内
  • コンロ周辺
  • その他熱源付近
  • 湿度の高そうな箇所
  • 残渣の貯まりそうな周辺

 

いかがでしょうか。
このように、営巣しやすい箇所におよその目星をつけて、設置し、生息状況を把握していきます。
なおトラップには設置月日を記入して、後で回収した際にいつのものか判らなくならないようにしておきましょう。
さて、このトラップをおよそ1週間ほど設置し、生息状況を確認します。
出来たら図面などを用意し、トラップ配置図面をプロットするとともに、その生息状況をメモしておくと、その後の駆除施工や効果判定などに役立ちます。

営巣状況の把握と対策選定

どうでしょう。
1週間くらいトラップを設置すると、生息状況がそれなりに把握できるかと思います。
少なくとも当てずっぽうに駆除施工をあれこれ何となく実施するよりも焦点がはっきりし、ここは何とかしないといけない、とか、ここはいいかな、とか色々見えてくるのは間違いないでしょう。

と同時に、何をすべきかもうっすらと見えてくるのではないでしょうか。
プロではなくとも、少なくとも「ヤバイ状況」なのか、「さほどでもない状況」なのかはそれなりに見えるはずです。
そして、今のところ、それで十分。
もし専門業者に依頼するのであれば、「駆除施工の選定」は、プロの仕事だと思って結構です。
一応お話しておけば、プロならばここで有る程度の施工方法を選定します。
施工方法とは、あなたの工場との契約のための仕様概要、つまり、薬剤の選定や、施工範囲、施工回数の選定です。

さて、それでは実際の捕獲状況から現状を把握し、すべき事柄を踏まえていきましょう。

捕獲状況別の対応例
  • 10匹を越える捕獲箇所あり、或いは全体的に捕獲があちこちに見られる
    →要緊急対策(内部発生進行段階)
  • 10匹以内の捕獲箇所が、5箇所以内見られる
    →要駆除施工(内部発生初期段階)
  • 数匹の捕獲が見られた
    →駆除計画と対策の検討(生息定着段階)
  • 1匹の捕獲も見られなかった
    →良好(生息なし)

 

そもそもの工場規模や捕獲されている箇所、状況その他によって事情が全く違うといえば違うのですが、まあこれはあくまで一つの目安。
およそこんな感じで、ご自身の工場の置かれているレベルを把握してみましょう。
現状を信号で例えるなら、それぞれ上から赤信号、黄色信号、青が点滅している状態、青信号程度だと思ってください。

捕獲数10匹以上、或いは全体的に捕獲が拡散

1箇所のトラップに10匹以上の捕獲がみられた場合。
貴方の工場は完全にチャバネゴキブリの営巣箇所になっています。
そしてその営巣はかなり進行している危険性が高い。
また場内にそれほどまでとはいかなくとも、数匹レベルの捕獲があちこちで見られている。
こんな場合でも、既に貴方の工場内では、間違いなくゴキブリが内部発生しています。
そしてその問題は、残念ながら結構進行してしまっていることだと予測されます。
この状態ですと、恐らく職務中にも生息を目撃することがこれまで何度かあったはずです。
そんな場合は、もう専門家にお願いした方がよろしいかと思います。
自社での駆除も出来ないわけではありませんが、まず一旦問題のリセットを早急にしたほうが解決は最終的に早くなるでしょう。
またこのようなケースの場合、専門業者は業務用のエアゾール剤(スプレー剤)や液剤などを用います。
そしてこうした業務用の専門的な薬剤を入手したり、あるいはそれを効果的に使ったりということは、専門知識や経験がそれなりに必要です。むやみやたらに薬剤を散布すれば効果が出る、というわけではありません。
といっても実際はそれほど決して難しいスキルや知識ではないのですが(入社1年ほど現場に入ればおよそ覚えるレベルなので)、それでも一般の方ならやはりお任せするほうが結果も早く出るものと思われます。

捕獲数10匹以内が5箇所以内

およそ10匹以内の捕獲が5箇所以内でみられた。
そんな工場では、残念ながらゴキブリの内部発生が進みつつあります
ただし、今なら問題との縁切りはそれほど難しくない。
おそらく何らかで持ち込んだゴキブリが、そこに居座ってしまったのでしょう。
ただし問題はピンポイントですから、これを長らく放置しない限り、駆除自体はそれほど難しくはない。
問題箇所を清掃し、問題箇所にゴキブリの毒餌(ベイト剤、なんて言います)を置くだけですから。
市販のもので結構ですから、このレベルであればご自身で駆除施工を実施してもいいでしょう。

ただし!
この段階の工場では、継続してのモニタリングが必要です。
つまり捕獲箇所については、再びトラップを設置し、およそ月に一回それをチェック・交換するようにすべきです。
何故なら現状での緊急性はそう高くはないものの、問題がいつ急激に悪化、拡散してもおかしくない状況だからです。
よって、ただポイと毒餌を置くだけで、清掃もしない、その後も一切何もしないといった場合、問題の進行は食い止められない、あるいは再発する可能性が非常に高いでしょう。
くれぐれも清掃し、環境を整えて、毒餌を設置し、またトラップを配置してください

またこの段階で専門家に依頼すれば、問題解決がかなり早く済むため、場合によっては安価ですむケースも少なくありません。
といってもプロをわざわざ呼んで現場の確認をもらい、依頼するのですからやはりそれなりのコストが発生するのは当然の話ですが。

数匹の捕獲あり

これねえ…。正直、微妙なところです。
ほんとを言えば、ケースバイケース。
もし数匹が1箇所で固まって捕獲しているのであれば、内部発生が全くないということはない。
きっと何かで持ち込まれてしまったものがそこに生息を定着させようとしているところなのでしょう。
ただし一旦生息が定着してしまえば、次の段階に進むのはそんな先の話じゃないのが、繁殖力のあるチャバネゴキブリの難しいところ。
こういうときはベイト剤を捕獲された場所の付近においておくのがベストです。

それと、1匹、あるいは数匹だけぽつんと捕獲されている、といった場合。
恐らくですが、貴方の工場には、定期的に何かに付着してゴキブリが持ち込まれている。
この場合、こういうケースが多いんです。
違う発生場所からなのか、それとも何か資材なのか、あるいは人なのか。

資材の段ボールなどに付着して入ってくる。
これはよくある話ですね。
仕入れ先にチャバネゴキブリがいて、それを資材ごと工場内に入れてしまう、ということです。

それから盲点なのが、「人」であるケース。
従業員さんの皆が出入りしている事務所や更衣室、靴箱、出入り口、休憩室は大丈夫ですか?
ここで捕まったら、ビンゴ。
明かに人間由来です。
これについては、別に記事を書きますのでそちらを参照してください。

まとめ

工場のチャバネゴキブリの管理について、今回はその最初の一歩をお話させていただきました。
防虫対策の一番の基本ですが、まず最初に「現状把握」ありき、です。
これはゴキブリについても変わりません。
いかに正確に、精密に、把握が出来るか。
これによってすべき対策が自ずと見えてきますし、これなしでは何をやっても場当たり的に終止しがちです。
まずは「現状把握」のための「生息調査」。
ここから始まります。

次はそれを踏まえて、実際の駆除施工についてお話していきます。

■□貴方の工場・店舗で悩んではいませんか■□
・どうやって防虫管理・衛生管理をすればいいか判らない
・今やっている防虫管理・衛生管理が正しいか判らない
・何か問題が発生したときの対応が判らない
・取引先や保健所の査察が不安だ
・でも余りコストもかけられない
だったら貴方が防虫・衛生管理のプロになればいいのです!

高薙食品衛生コンサルティング事務所にようこそ
  • 私達は、どんな工場、お店の方でも防虫管理・衛生管理のプロレベルに育成することが出来ます。
  • 何故なら、防虫管理・衛生管理のプロとは、基礎知識に加えて「正しい管理の仕組み」を作れる能力を持つ者のことだからです。
    この「管理の仕組み作り」を知るこそが、防虫管理・衛生管理のプロへの道なのです
  • そんな防虫管理・衛生管理のプロを育成し広めることで、日本の「食の安全安心」を、さらにより広く、より高くさせることが私たちの使命だと信じています
  • どうですか?
    そんな防虫管理・衛生管理のプロにあなたもなって、本当の「食の安全安心」を私達と一緒に広げていきませんか?