皆様、こんにちは。
高薙食品衛生コンサルティング事務所です。
今回も、ネットでも何処でも、ここだけしか「絶対に!」聞くことの出来ない神髄中の神髄、「プロが本気で教える衛生管理」をお教えいたします。

今回は、リスクアセスメントの「状況評価」に対する、結果のまとめと評点についてお話致しますね。

 

状況評価を評点しよう

さて。
前回は、リスクアセスメントの進め方として、「状況評価」の手法をご紹介しました。

 

 

実際にご自身の工場を診断した方は、お手元に前回のチェック表に○や×や△、あるいはレ点などを記入したものがあることでしょう。
これはとても重要な、あなたの工場の情報ですから、是非とも役立てるようにしてください。

大丈夫。
これから教えるやり方に沿っていけば、自ずとそれが意味を持つことになりますから。

 

ではこれから、そのチェック結果に基づいて、各リスクの評価を行うわけですが、しかしここで注意。

てのパラメーターを同位に扱う必要はありません。

「発生リスク」>「拡散リスク」>「侵入リスク」>「環境リスク」

といった具合に、重篤性の高い順から優先順位を付けて評点すべきです。

そうですね、業種や環境などにもよりますが、おおむね次の程度の配分でよろしいかと思います。

状況評価の評点配分(10点満点中)
  • 発生リスク:4~6点
  • 拡散リスク:2~3点
  • 侵入リスク:1~2点
  • 環境リスク:1点

 

ぐらいの配分が妥当かと思います。

その結果、10点満点中、貴方の工場がどのくらいのレベルが現状なのか、というのをおおよそで構いませんので採点してあげてください。
そこまで厳密でなくてかまいません。
なんとなく、自分の工場の状況を思いながら、自己診断してください。

あ、一つだけ。
目視踏査段階において次の問題が確認された場合は、全体の評点を1点ほど下げるとともに、別途書き留めておくようにしてください。

早急に対応すべき防虫管理の問題
  • 昆虫の多量な内部発生(特に清浄区域)
  • 昆虫の多量な外部侵入(特に清浄区域)

 

ちなみにこれらは次の段階で、「是正措置プログラム」の対象となる可能性が高いでしょう。

工場の防虫管理の現状を把握しよう

さて。
このように進めていくと、次第に次のことが見えてくるかと思います。

以下については各々、しっかり書きとめておいてください。

状況評価の時点でチェックしておくべきこと
  • 現在の工場が、状況的に良好なのか問題なのか(5点以上なのか以下なのか)
  • リスクレベル上、どのリスクに問題があるのか、又は問題が発生しそうなのか
    (どのリスクに対して弱いのか)
  • ソフト(管理運用)面とハード(設備構造)面のどちらに問題が偏っているのか
  • ヒアリングや過去管理記録と現場の現状の解離はあるのか、ないのか
  • 現在、すぐにでも対応すべき重要な問題があるか否か

 

これらを総じて、「状況評価」を下します。

現状把握の結果をまとめてみよう

それらの結果を、例えばこのような感じで書き出してみましょう。
弊社で扱っているシートを特別に掲載いたします。

さあ、書き込みが出来ましたでしょうか。
これがあなたの工場の現状の状況です。

と同時に。
どのレベルのリスクが最も目立って問題があったのかを、ここで押さえておく必要があります。
なぜなら、それがあなたの工場の最もリスクを孕んだレベルだからです。

まとめ

主な流れは、次の通りです。

状況評価の手順
  1. チェックリストに従って、実際に工場を目視踏査する
  2. 診断調査結果をまとめる
  3. 診断結果に基づいて、自分なりの評点を付けてみる

 

さあ、これで「状況評価」が完成いたしました。

次は、「ハード(設備構造)面」の状況に対して、
それを運用している「ソフト(管理運用)面」の評価、「管理評価」をしていきたいと思います。

では、今日はこの辺で。

■□貴方の工場・店舗で悩んではいませんか■□
・どうやって防虫管理・衛生管理をすればいいか判らない
・今やっている防虫管理・衛生管理が正しいか判らない
・何か問題が発生したときの対応が判らない
・取引先や保健所の査察が不安だ
・でも余りコストもかけられない
だったら貴方が防虫・衛生管理のプロになればいいのです!

高薙食品衛生コンサルティング事務所にようこそ
  • 私達は、どんな工場、お店の方でも防虫管理・衛生管理のプロレベルに育成することが出来ます。
  • 何故なら、防虫管理・衛生管理のプロとは、基礎知識に加えて「正しい管理の仕組み」を作れる能力を持つ者のことだからです。
    この「管理の仕組み作り」を知るこそが、防虫管理・衛生管理のプロへの道なのです
  • そんな防虫管理・衛生管理のプロを育成し広めることで、日本の「食の安全安心」を、さらにより広く、より高くさせることが私たちの使命だと信じています
  • どうですか?
    そんな防虫管理・衛生管理のプロにあなたもなって、本当の「食の安全安心」を私達と一緒に広げていきませんか?